グローバル人材育成ニュース

     

トレンド

今話題の「グローバル×人事関連」情報をお届け

2024.02.13

出張費用ランキング アジアで最も出張費が高い都市は香港、その幸福度は?

紹介

人材コンサルティング会社ECA Internationalは、世界196か国・地域の457都市を対象に出張費用ランキングを発表しました。
同ランキングでは、1日にかかる費用の平均(4つ星ホテル宿泊費、食費、洗濯代、アルコール飲料とソフトドリンク、タクシー運賃、雑費)を調査しています。

人事部や海外事業部の方は、グローバル人材の人員配置等の参考記事としてお役立てください。

ポイント

①調査の結果によると、香港はアジアで最も出張費が高い都市として1位(世界16位)という結果になりました。以下、2位シンガポール、3位東京、4位上海、5位ソウルと続きます。実際の費用(1日平均)はそれぞれ香港520米ドル(約68,900円)シンガポール515米ドル(約68,200円)東京424米ドル(約56,100円)となりました。

画像引用:香港BS

②世界1位はニューヨークで1日平均796米ドル(約105,500円)、2位ジュネーブ、3位ワシントンDC、4位チューリッヒ、5位サンフランシスコ、6位テルアビブ、7位ロサンゼルス、8位ロンドン、9位ルアンダ 、10位パリという結果になりました。

③HK WeCareが2022年12月に香港の就業者(1,527人)を対象に行った「職場での幸福度」調査において、その結果が10点満点中5.15点となったことを伝えました。労働時間は平均週43時間で、回答者の40%が「疲れ果てており、給料が低すぎて、仕事量と成果に見合っていない」と感じているようです。

概要

配信元:香港BS

公開日:2023/3/22

本記事をすべて見る

合わせて読みたい

grid

お問い合わせ

CONTACT

無料トライアルご希望の方、お見積もりはこちらからお問い合わせください

arrow