SDGs×グローバルビジネスアドバンス研修

SDGs×グローバルビジネスアドバンス研修とは

企業のサステナビリティ方針とマテリアリティの確認に始まり、
サステナブルな企業としてどのようなアクションを取るべきかについて、
担当者との意見交換を含め、コーチング形式を取り入れ、協働で解決策を作っていきます。

対象企業・受講者層

社会を持続可能に変容する必要性を理解し、経営者や経営幹部が、今後どのようにSDGsに取り組み、社内にに浸透させ、
ESG投資を呼び込み、TCFDやSBTiに参加するかなどについて対策を協議したい企業の方々。

研修の目的

このプログラムでは、SDGsの基本的な概念を理解されている皆様を対象に、“SDGs”の理念を生かした経営について一緒に考え、SDGsを経営に実装する具体策の検討を行うことを目的としています。貴社の商品やサービスの見直し、バリューチェーンを俯瞰しながら、社会が求める成長と分配には色して事業の再点検を致します。また新しい事業領域の開発の可能性についてもサステナビリティの観点から検討して参ります。この研修を通じて、サステナビリティを経営に活かすことで、企業の継続的な成長や新陳代謝を牽引するリーダーが生まれるように働きかけてゆきます。

内容・研修構成

《第1部》
1.SDGsを経営に実装するということ
2.SDGs経営でビジネスはどう変わったか(事例紹介)
3.SDGsを経営実装する際の障害と克服のノウハウ
4.社会にインパクトを与える商品・サービスに向けて
5.サステナビリティコミュニケーションとエシカル消費
6.サステナビリティ方針の確認と取り組みの同期
7.質疑応答

《第2部》
参加者によるグループ・ワーク
1.自社の事業領域のサステナビリティ視点からのSWAT
2.ノンリニアな競争戦略(戦略優位と競争優位)
3.グループ発表と意見交換
4.今後のアクションに向けた合意形成

受講者人数

~30名

担当講師

筒井 隆司(日本ノハム協会専務理事・前WWFジャパン事務局長、元 ソニーブラジル社長)

価格

見積

その他

・オンライン可、集合研修可
・英語研修可

お問い合わせ

CONTACT

無料トライアルご希望の方、お見積もりはこちらからお問い合わせください

arrow