ニュースリリース

NEWSRELEASE

2022.03.16

【海外事業部・グローバル人事必見】キーエンス元海外事業責任者に学ぶ「最強の営業組織づくり」《無料zoomセミナー》開催

 

【キーエンス元海外事業責任者に学ぶ】最強の営業組織づくり《無料アーカイブ動画生配信》を、2022年3月30日(水)12時より開催致します。

 

海外拠点ゼロの状態から30年で海外売上1,600億円、海外事業のシェアを50%以上まで引き上げた藤田講師が解説します。

 

申し込み >>

 

【キーエンス元海外事業責任者に学ぶ】最強の営業組織づくり《無料アーカイブ動画生配信》

セミナー概要

申し込み >>

 

 

開催日 :2022年3月30日(水)

開催時間:12:00ー13:15

参加費 :無料

参加特典:投影資料の配布(アンケートご回答者様対象)、INSIGHT ACADEMY無料トライアルのご案内(法人対象)

形式  :オンライン(Zoom Webinar)

対象者 :海外事業部責任者/担当者、人事部責任者/担当者、海外駐在員/海外駐在予定者

こんな方におすすめです

・これから海外赴任予定、海外赴任中の方

・海外事業で営業に携わる方

・人事部や海外事業部に所属されている研修ご担当者

本セミナーで学べること

・海外事業で高収益を生み出すキーエンス式の営業組織づくり

・キーエンスに学ぶ教育システム

・海外事業における営業の平均値をあげる具体的な方法

 

 

 

高付加価値、高収益企業として注目されている会社、キーエンス。

 

この会社を支えているビジネスモデルは商社や代理店を通さない顧客への直販体制によるコンサルティングサービスです。

 

顧客にとって役に立つ存在、経済的メリットを与え続ける存在であれば、継続取引は可能になります。
その為に営業の仕組みづくりに努力を惜しまず、組織的に取り組むことが持続的な成長には必須となります。

 

「次もキーエンス」と思ってもらえる「顧客に役立つ営業」とは具体的に何なのか、顧客に役立ち成果を出し続ける高収益営業組織のつくり方について、海外拠点ゼロの状態から30年で海外売上1,600億円、海外事業のシェアを50%以上まで引き上げた藤田講師が解説。

 

キーエンスの具体事例を基に結果を出すためのロジック構築、営業サイクルを学びます。

 

グローバル人事・海外事業部のご担当者様は必見のセミナーです。ぜひご参加下さい。

プログラム

◎藤田氏による講演「最強の営業組織づくり」

01:成果を出し続ける営業組織づくり
何故キーエンスの営業は強いといわれるのか
キーエンス流3つの行動指針

 

02:基本的な営業組織のプラットフォーム
「顧客を知るため」に行うこと
「価値あるデータベース」を構築する
提案型営業を行うためには?

 

03:潜在課題掘り起こし
顧客が秘める「3つのニーズ」
ニーズを把握・提案するためには?
キーエンスの教育システム

 

04:因果関係の追求から始まる営業
「何故」を追究する力
それは「自分」の売上か?
キーエンスの営業PDCA

 

05:営業現場の創意工夫
ひとつの成功を「N倍化」せよ
成功体験の「再現性」を高めるには
事業部と営業部を連携させる

 

06:組織の平均値を上げるチームづくり
営業の平均値をあげる方法

 

 

◎パネルディスカッション
藤田 孝 氏 × INSIGHT ACADEMYアカデミー長 金珍燮

 

テーマ

・海外拠点/海外組織において海外ビジネスをスケールさせるために重要な海外現地社員のマネジメントにおいて大切なこととは
・海外ビジネス(各拠点/組織)において成果の出せる人材要件とは?

講師プロフィール

藤田 孝 氏
元 キーエンス海外事業部 事業部長

 

 

株式会社キーエンス 海外事業部長として、海外事業をゼロから立ち上げ、19現地法人・150海外拠点を管轄指導、100名を超える駐在員を選抜・育成指導した実績を持ち、現在はその経験を元に、経営全般、組織運営強化、海外進出など、多様な企業支援を行っている。

セミナー受講者の声

・「キーエンス流」といえど魔法のように売れる特別なメソッドがあるわけではなく、目標や目的を明確にし、共有し、発展していける仕組みを持った組織にしていくという、ある意味当たり前すぎるほど当たり前なことをしっかりと実践できるかどうかだという点は、逆説的に衝撃でした。

 

 

・当たり前のことを当たり前に実践し続けるということ、そしてそれをハイレベルで実践するための教育システムなど、全てのことが歯車として、上手くかみ合って初めて、高収益を実現できる組織が実現できるのだろうな、と思いました。

 

 

・会社方針として言葉でグローバルを標榜しても、実際にグローバルに仕事をしたことがある人がほとんどいない会社、或いは、これからグローバル化を目指す会社にとって、社内での理解者、協力者を作っていくことは大変だし、現地でも本社の方針(自分の方針)を組織内で浸透させていくための協力者、片腕的な存在を作っていくことも困難な中で、キーエンスで目覚ましい結果を残された藤田氏は本当に尊敬に値します。
当社の経営層にも紹介したいと思います。

 

 

 

申し込み >>

お問い合わせ

CONTACT

無料トライアルご希望の方、お見積もりはこちらからお問い合わせください

arrow