ナショナルスタッフ研修

National Staff training

サービスご提供の背景

海外現地法人の現地従業員(ナショナルスタッフ)の定着率が低いという課題を抱えているケースは非常に多く見受けられます。多大な工数と労力をかけて自社のノウハウを教えてきた現地従業員が離職してしまうと、事業として大きなダメージを受けてしまいます。

ナショナルスタッフの定着率を上げ、事業の競争力を高めていくためには、日本人海外駐在員や本社従業員の意識改革、異文化マネジメント力の向上を通じて、現地の和に溶け込んでナショナルスタッフとシナジーを創りながら一緒にビジネスを進めていける力を高める必要がありますが、実は日本人従業員の育成だけでは十分ではありません。

同時に必要なのが、海外現地法人のナショナルスタッフの育成です。おおよそのナショナルスタッフは日経企業・日本本社の考え方に対して理解が十分ではありません。それが要因の一つとなり、自社へのエンゲージメントが下がり、短期間での離職につながってしまうのです。ナショナルスタッフからも海外駐在員の考え方、本社側の考え方に理解を深め、日本人社員と現地社員が互いにレベルアップした上でもっとも合理的なやり方を創意工夫していけるような組織文化をつくることが、海外現地事業の成功確率を高めていく上で重要なポイントと言えます。

インサイトアカデミーはクライアント各社様からのご相談を受け、ナショナルスタッフの育成研修も強化しています。本ページでは当社が提供できるナショナルスタッフ向け研修テーマを幾つかご紹介させて頂きます。貴社のグローバル人材育成強化や、海外事業の競争力強化に向けたオプションの一つとして参考にして頂けますと幸いです。

研修テーマ

研修テーマ
目的

受講者

一般社員管理職

日系企業での働き方(1)
目的日本の特性やビジネス慣習、日本で働くうえでの基本ルールを学ぶ
(e.g. 日本の会社の仕組み、稟議と根回し、責任範囲の理解等)
受講者:一般社員
チェック
日系企業での働き方(2)
目的日本で働くうえで必要なスキルを習得する
(e.g. 報連相、感謝と謝罪、効果的なコミュニケーション方法等)
受講者:一般社員
チェック
日本人上司との協業
目的日本人上司の“あの言動”の意味を理解し、上司との信頼関係を築く
(e.g. “報連相”“ 根回し” “交渉”演習、キラーワード習得等)
受講者:一般社員
チェック
日本式 マネジメント方法(1)
目的日本式のマネジメント方法・管理職として求められる役割を学ぶ
(e.g. 管理職の責任理解、部下育成の重要性を理解等)
受講者:管理職
チェック
日本式 マネジメント方法(2)
目的日本式マネジメント方法の中で、効果的なチームビルディングを学ぶ
(e.g. ”報連相”の実務的理解・演習、部下からの信頼を得る方法等)
受講者:管理職
チェック
日本本社との協業
目的ナショナルスタッフー日本本社間での“立ち回り”を学ぶ
(e.g. 部下管理と日本型組織文化の理解、日本本社からの信頼を得る方法等)
受講者:管理職
チェック
企業理念・ビジョン
目的所属企業の企業理念・ビジョンを学び、自身に求められていることを理解する
受講者:一般社員、管理職
チェック
チェック
  • 研修形式:レクチャー+参加者同士のワークショップ
  • 研修時間:半日/終日
  • 使用言語・資料:日本語、英語
  • ツール:ZoomもしくはTeams
  • 定員:最大20人(育成効果の最大化のため)
  • 研修費用:見積(40万円~)
  • 上記テーマ以外にも貴社の課題に応じて研修をカスタムすることも可能です

お問い合わせ

CONTACT

無料トライアルご希望の方、お見積もりはこちらからお問い合わせください

arrow